基礎代謝量とは生命を維持するエネルギー

基礎代謝量って?
基礎代謝量とは内臓を動かしたり、体温を維持するといった私たち人間の生命を維持するために使われるエネルギーのことです。この基礎代謝量を維持、向上させることがダイエットを成功させる重要なポイントです。この基礎代謝が低下したカラダでは、食事を減らしてもなかなか痩せることが出来ない体になってしまうのです。ダイエットをうまく成功させるにはこの「基礎代謝量」を上げることが重要なのです。
ダイエットで“エネルギーを消費”するというと数々の運動ということになりますが、消費量で考えるとこの基礎代謝による消費に比べると、ジョギングや水泳、ウォーキングなどの運動の消費エネルギーはかなり低いのです。よく耳にするのが「ご飯一杯分のカロリーを消費するにはジョギング1時間」というように、運動によるカロリー消費はかなり大変なものになります。それに比べ基礎代謝によるエネルギー消費量は圧倒的に運動より大きいのです。運動によるエネルギー消費は15~30%といわれ、基礎代謝量によるエネルギー消費量は60~70%なのです。つまりは同じカロリーを摂取しても、この基礎代謝量が低い人と高い人では痩せるということに関しては大きな差があるということです。
スポーツをよくする筋肉質の人、女性より男性、年齢が若い人、皮下脂肪が少ない人などはこの基礎代謝量が高いといえます。脂肪がたくさんついている人のほうが、基礎代謝量が低くなる、つまり太っている人ほど基礎代謝量が低く太りやすい体質だということなのです。
このように痩せたいと思う人にとって、基礎代謝量を上げることはとても重要になってきます。運動をせずにダイエット食品のような食品ばかり食べていると、筋肉の量が減ってしまい、痩せるために大切な基礎代謝ができない体質になるのです。