無理なダイエットで、基礎代謝量が低下してしまう

極端なダイエットによる偏った食事は、基礎代謝の働きを低下させ太り易い体質に変えるほかに、感覚が鈍ってしまったり、動作が緩慢になってしまいます。また、思考能力の低下も引き起こすことにもなりかねません。カラダは防御反応(活動維持のため)に、低下した摂取カロリーに対してカラダが活動能力を落とそうとするので、基礎代謝量の減少を引き起こしてしまうのです。
このように基礎代謝量が低下することが理由で痩せにくい体質になるばかりか、肉体の活動能力の低下に伴い、若々しさを失い肌のツヤやハリまで失ってしまうことに。ですから、カラダの維持に必要な栄養素を損わないよう気をつけたダイエット法ではならないというわけなのです。ダイエットはこうしたカラダの仕組みを理解した上で行うことが、成功の秘訣なのです。