ダイエットで怖いのは?

食事制限や偏ったメニューダイエット法で怖いのが、リバウンドや肌荒れ、拒食症などの摂食障害、ストレスなど。ダイエットを経験したことのある人は、必ずといっていいくらいこのような辛い思いをしたことがあるはず。では、どうしてこんなことになってしまうのか?
理由は様々ですが、ひとつは極端なダイエット方法によるもの。食事を極端に減らしたり、偏った食事メニューにしてしまうことが原因なのです。特に極端な低カロリー食ばかりのダイエット法だと、カラダの基礎代謝が低くなってしまい、“太りやすく、痩せにくい”体質になってしまいます。
そして何より健康に悪いということです。食べたいものを食べられないストレスや空腹に耐えられなくなり、食事量を元に戻してしまうとたちまちリバウンドしてしまいます。一体何のために始めたダイエットか分らなくなってしまいます。それと、食事制限もバランスよくメニューを考えて食べることができればいいのですが、果物だけになったりダイエット食品ばかりの食事になったりして、極端に偏り過ぎてしまいがちに。最近では、炭水化物を一切摂らない方法やバナナだけ、りんごだけ、キャベツだけというような栄養バランスが悪いダイエットも。健康的かつ効果的に痩せるには、こうした極端なダイエット法は長続きしなものです。低カロリー食品が悪いというわけではありませんが、低栄養になってしまうとイライラしたり、カラダを壊してしまう原因になります。カラダに必要な栄養素がなくなると、カラダの機能が低下し始め、吹き出物や肌が荒れてしまったり、胃腸の調子が悪くなってしまったり、女性の場合は生理が止まってしまったりということもあるのです。人間はこのように体調不良が慢性的に続くとそれが大きなストレスになります。ストレスを受け続けると拒食症や摂食障害をひきおこし、一般生活に支障をきたすことさえあるのです。ダイエットをうまく成功させるには、途中で挫折してしまうような極端なものではなく、ストレスを感じずに楽しんで行える方法が理想といえます。そうしたことから、酵素ダイエット法は“カラダに大きな負担をかけずに、カラダの内側から健康的に痩せる”ことができるのです。