カラダに必要な栄養素~糖質

糖質とは、ごはんやパン類、豆や麺類、芋類に含まれている炭水化物(糖質)のことで、人間が活動する上で欠かせないエネルギーの源のようなものです。糖質(炭水化物)は消化・吸収されると、血液によって肝臓に運ばれそこでブドウ糖に分解されます。このブドウ糖は脳の働きを活発にするエネルギーとなるのです。また、糖質はすい臓から分泌されるホルモン「インスリン」の働きにより、すぐに利用できるエネルギー「グリコーゲン」となり肝臓や筋肉組織の中に蓄えられます。この「グリコーゲン」が人間が活動するためのエネルギーになるのです。余った糖質はカラダの中で脂肪として蓄えられます。甘いものを食べ過ぎて太るというのはそのためなのです。
この糖質が不足すると必然的に体内のエネルギー不足になります。しかし蓄えられた脂肪はエネルギーの源“グリコーゲン”にはならないため、エネルギーを得るために筋肉や内臓のたんぱく質を使うことになります。このように糖質(炭水化物)を極端に減らしてしまうダイエットは、糖質の不足を招いてしまい、脂肪を減らす前に筋肉や内臓を細くしてしまいます。そうなるカラダを活動させる力がなくなってしまいカロリー消費が減ってしまうとともに、筋肉の減少により基礎代謝が低下してしまいます。これが痩せにくい体質を作ってしまう理由なのです。