カテゴリー別アーカイブ: 酵素について

酵素って何?

酵素は私たち人間のカラダに存在しています。そしてこの酵素は、カラダの中で何千種類の酵素が働いているのです。
この酵素は糖類、たんぱく質、脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素を分解・消化・吸収し細胞をつくる働きをしているのです。酵素が存在しなければ、いくら栄養素を取り入れてもエネルギー二ならないというわけです。その他の働きとして、体内に入ってしまった毒素を解毒したり、脂肪を分解する働きもしているのです。また、酵素は筋肉を動かし肌の新陳代謝をおこないます。このように生命に関わる代謝はこの酵素の働きによりスムーズに行われているのです。もしこの酵素がなければ、脳で物を考えたり、呼吸することさえ出来ないのです。つまりカラダを維持するためには欠かせない必要不可欠なものなのです。人間が生きていくうえでなくてはならない分子のひとつといえます。但し、この体内の酵素は年齢とともに減少してしまいます。よく中年になる運動やダイエットをしても痩せにくくなった、ということを耳にしますが、原因はこの酵素が減少し、体内の代謝がうまくいかないからなのです。不足した酵素を補うには酵素が多く含まれる食物や、果物、野菜またはサプリメントや酵素ドリンクなどで補わなくてはなりません。このように“食物酵素”を摂ることで、酵素の働きが活性化しカラダの代謝がよくなります。代謝が促されることで体内の老廃物や毒素を排出しやすくなり“痩せやすい体質”へと改善されるのです。このように代謝が活性化されることで、痩せやすくなる体質になることはもちろん、若さを保ちお肌などの美しさを保つことが出来るのです。ベジーデル酵素液にはこのような嬉しい効果が期待される成分が多く含まれているというわけです。

2種類の酵素の存在

酵素は大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分類されます。
消化酵素というのは、食事を摂取したものを消化し、栄養素として吸収する働きをします。これを「アミラーゼ」といいます。代謝酵素は呼吸や細胞分裂、けがなどの治療、カラダの新陳代謝を司る役割を持っています。これら2つの酵素はカラダにもともとある“潜在酵素”から生み出されていますが、加齢とともに減少してしまいます。この酵素が減ってしまうと、病気になったり老化を早めてしまいます。この酵素が多ければ元気に若々しくいられるというわけです。この酵素を体内に残しておくには、食物などに含まれている「食物酵素」を積極的に摂取するなど、外部から積極的に酵素を補給していかなくてはいけないということです。酵素ドリンクやサプリメントなど、気軽に補給できるようになったのも近年になってからなのです。

酵素の働き~腸内環境の改善

酵素の大切な働きとして、食べ物の消化と分解を行っているということです。通常、体内で不要になった老廃物は便となり、腸を通じて体外に排出されますが、腸に溜まった便はすべて排出されるわけではないのです。便秘ではない人でも約3~5kgの宿便がたまっているといわれています。この宿便は腸内で悪玉菌の格好のエサになり、腸内環境を悪くします。そうなると、有毒ガスを発生させ口臭や体臭、便臭の原因になってしまいます。そこで酵素を補給することで宿便が溜まることを防ぐことが出来ます。

酵素の働き~血液サラサラ効果
食べ物は酵素によって消化・分解されますが、酵素が不足してしまうと食べたものが消化・分解が出来なくなり、消化されないまま血中へ流れ込んでしまいます。食べ物が未消化のまま血液に入ってしまうと血液を汚してしまい“ドロドロの血液”になってしまいます。血液がドロドロになってしまうと、血管に血液が詰まる原因になり、血栓が出来てしまったり、最悪の場合の脳血栓や脳梗塞などを引き起こしかねないのです。酵素はこのように未消化のものが血液に入らないよう、消化・分解し血液をサラサラの状態に保つ働きがあるのです。

酵素の働き~肝臓・腎臓の負担軽減

血液はカラダに必要な栄養分や酸素を各器官に送る働きをしていますが、同時に体内の余分な老廃物を回収する働きもしています。回収された老廃物は肝臓や腎臓に集められ、そこで毒素を分解し排出する仕組みになっています。体内に入った食べ物がきれいに消化できないと、毒素の量が増え、肝臓・腎臓の負担が大きくなってしまうのです。特に肝機能が低下している人は、肝臓への大きな負担は禁物なので「酵素」を積極的に取り入れることが重要になります。

酵素の働き~ダイエット効果
宿便など体内に老廃物がたまると、身体の機能が正常に働かなくなり、体の代謝が悪くなってしまいます。代謝が悪くなってしまうと、本来ならエネルギーとして取り入れられた食べ物が余分な脂肪になり、カラダに蓄積されてしまいます。いわゆる肥満の原因を作ってしまうわけです。酵素はカラダに溜まった老廃物を排出し、代謝を向上させることで太りにくい体質にし、痩せやすいカラダにしてくれる働きを持っています。

酵素の働き~エネルギーを作り出す

一般的に栄養補給というと、たんぱく質や炭水化物、脂質などの摂取ということになりますが、食べ物がシッカリとしたエネルギーになるには、消化・分解・代謝することでエネルギーに変換しなくてはいけません。そのためには酵素の力がなくては、摂取された食べ物はエネルギーにはならないということ。いくら栄養素をたくさん摂っても、この酵素が無ければ人間は生きていけない、そのくらい重要なものなのです。

酵素はどんなものに含まれているの?
酵素は人間の体内で作られるほか、食物酵素といって食べ物にも含まれています。これを「食物酵素」といいます。この食物酵素が豊富に含まれている食べ物は、果物や生野菜、生肉、魚の刺身などの生の新鮮な食べ物があります。また、納豆やみそ、チーズなど発酵食品の中にも多くの酵素が含まれています。どの食品も日常生活で食べ易いものですが、酵素は熱に弱い性質なので、加熱調理してしまうとその酵素がなくなってしまいます。酵素を補給するには、新鮮な生の食材、発酵食品を加熱処理せずに食べることが大切なのです。

酵素ダイエットと普通のダイエットの違い

通常、体重を落とすためのダイエットというのは、食事の量を減らしたり、甘いものやお酒などを控える“カロリー”をコントロールすることですが、そのほとんどが途中で挫折したり、リバウンドしやすい体質になってしまいます。また、極端なカロリーコントロールで“貧血”や“集中力が欠けたり”“酷い場合は”肌が荒れ“を起こしてしまったりと、一時的には体重を落とすことは出来ても、このようなマイナスな部分も。
このマイナス点の多いダイエット法を繰り返すうちに、食事に対してトラウマを抱えるようになり“拒食症”や“摂食障害”などを引き起こしてしまい、精神的にも身体的にもボロボロになってしまうこともあります。人間にとって食事を摂ることは、人間の三大欲求のひとつである「食欲」を取り除いてしまい、食べることの喜びが失われてしまうので、人生における楽しみがひとつ減ってしまうようなものです。そうなると、生きる楽しみが無くなってしまうようなことになりかねないのです。楽しみが無くなってしまうと、生き甲斐や精神的充実感が損なわれ、“体調を崩す”““すべてのことに対してやる気が起きない状態”で生活を送るという負のスパイラルに陥ってしまうことになります。このような身体にも精神的にもダメージを与えるダイエット法では、一時的に体重は落とせても“健康的でキレイ”に痩せることは出来ないのです。
「酵素を取り入れたダイエット法」は、酵素の働きにより食べたものをしっかり消化・分解・吸収させ、効率のよいエネルギーを生み出し、且つカラダに溜まった老廃物や毒素をきれいに排出させるので、カラダの中からキレイにスッキリ健康的に体重を落とすことが出来るのです。
体内に入った栄養素はこの酵素がないとエネルギーに変えることが出来ません。食べた分だけの酵素が無ければエネルギーに変換することが出来ずに、そのまま体内に溜まってしまい消化不良を起こします。そうすると胃腸に大きな負担を掛けることに。そうなると大きな負担を掛けられ続けた胃腸はダメージを受け、その働きが悪くなってしまい、常に消化不良を起こすようになってしまいます。消化不良を起こすようになると新陳代謝が下がってしまい、そうなると基礎代謝量も必然的に下がってしまいます。基礎代謝量が下がるということは、“太りやすい体質”になるということです。ですから、どんなに食事量を減らしてもこのように負のスパイラルを繰り返す体質になってしまうと、効果的に痩せることなどできないというわけです。酵素を取り入れたダイエット法は、こうしたカラダの内部を効果的に改善でき、尚且つキレイに痩せることができる“健康的ダイエット法”といえます。