酵素ダイエットと普通のダイエットの違い

通常、体重を落とすためのダイエットというのは、食事の量を減らしたり、甘いものやお酒などを控える“カロリー”をコントロールすることですが、そのほとんどが途中で挫折したり、リバウンドしやすい体質になってしまいます。また、極端なカロリーコントロールで“貧血”や“集中力が欠けたり”“酷い場合は”肌が荒れ“を起こしてしまったりと、一時的には体重を落とすことは出来ても、このようなマイナスな部分も。
このマイナス点の多いダイエット法を繰り返すうちに、食事に対してトラウマを抱えるようになり“拒食症”や“摂食障害”などを引き起こしてしまい、精神的にも身体的にもボロボロになってしまうこともあります。人間にとって食事を摂ることは、人間の三大欲求のひとつである「食欲」を取り除いてしまい、食べることの喜びが失われてしまうので、人生における楽しみがひとつ減ってしまうようなものです。そうなると、生きる楽しみが無くなってしまうようなことになりかねないのです。楽しみが無くなってしまうと、生き甲斐や精神的充実感が損なわれ、“体調を崩す”““すべてのことに対してやる気が起きない状態”で生活を送るという負のスパイラルに陥ってしまうことになります。このような身体にも精神的にもダメージを与えるダイエット法では、一時的に体重は落とせても“健康的でキレイ”に痩せることは出来ないのです。
「酵素を取り入れたダイエット法」は、酵素の働きにより食べたものをしっかり消化・分解・吸収させ、効率のよいエネルギーを生み出し、且つカラダに溜まった老廃物や毒素をきれいに排出させるので、カラダの中からキレイにスッキリ健康的に体重を落とすことが出来るのです。
体内に入った栄養素はこの酵素がないとエネルギーに変えることが出来ません。食べた分だけの酵素が無ければエネルギーに変換することが出来ずに、そのまま体内に溜まってしまい消化不良を起こします。そうすると胃腸に大きな負担を掛けることに。そうなると大きな負担を掛けられ続けた胃腸はダメージを受け、その働きが悪くなってしまい、常に消化不良を起こすようになってしまいます。消化不良を起こすようになると新陳代謝が下がってしまい、そうなると基礎代謝量も必然的に下がってしまいます。基礎代謝量が下がるということは、“太りやすい体質”になるということです。ですから、どんなに食事量を減らしてもこのように負のスパイラルを繰り返す体質になってしまうと、効果的に痩せることなどできないというわけです。酵素を取り入れたダイエット法は、こうしたカラダの内部を効果的に改善でき、尚且つキレイに痩せることができる“健康的ダイエット法”といえます。