酵素の働き~エネルギーを作り出す

一般的に栄養補給というと、たんぱく質や炭水化物、脂質などの摂取ということになりますが、食べ物がシッカリとしたエネルギーになるには、消化・分解・代謝することでエネルギーに変換しなくてはいけません。そのためには酵素の力がなくては、摂取された食べ物はエネルギーにはならないということ。いくら栄養素をたくさん摂っても、この酵素が無ければ人間は生きていけない、そのくらい重要なものなのです。

酵素はどんなものに含まれているの?
酵素は人間の体内で作られるほか、食物酵素といって食べ物にも含まれています。これを「食物酵素」といいます。この食物酵素が豊富に含まれている食べ物は、果物や生野菜、生肉、魚の刺身などの生の新鮮な食べ物があります。また、納豆やみそ、チーズなど発酵食品の中にも多くの酵素が含まれています。どの食品も日常生活で食べ易いものですが、酵素は熱に弱い性質なので、加熱調理してしまうとその酵素がなくなってしまいます。酵素を補給するには、新鮮な生の食材、発酵食品を加熱処理せずに食べることが大切なのです。