酵素の働き~腸内環境の改善

酵素の大切な働きとして、食べ物の消化と分解を行っているということです。通常、体内で不要になった老廃物は便となり、腸を通じて体外に排出されますが、腸に溜まった便はすべて排出されるわけではないのです。便秘ではない人でも約3~5kgの宿便がたまっているといわれています。この宿便は腸内で悪玉菌の格好のエサになり、腸内環境を悪くします。そうなると、有毒ガスを発生させ口臭や体臭、便臭の原因になってしまいます。そこで酵素を補給することで宿便が溜まることを防ぐことが出来ます。

酵素の働き~血液サラサラ効果
食べ物は酵素によって消化・分解されますが、酵素が不足してしまうと食べたものが消化・分解が出来なくなり、消化されないまま血中へ流れ込んでしまいます。食べ物が未消化のまま血液に入ってしまうと血液を汚してしまい“ドロドロの血液”になってしまいます。血液がドロドロになってしまうと、血管に血液が詰まる原因になり、血栓が出来てしまったり、最悪の場合の脳血栓や脳梗塞などを引き起こしかねないのです。酵素はこのように未消化のものが血液に入らないよう、消化・分解し血液をサラサラの状態に保つ働きがあるのです。