2種類の酵素の存在

酵素は大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分類されます。
消化酵素というのは、食事を摂取したものを消化し、栄養素として吸収する働きをします。これを「アミラーゼ」といいます。代謝酵素は呼吸や細胞分裂、けがなどの治療、カラダの新陳代謝を司る役割を持っています。これら2つの酵素はカラダにもともとある“潜在酵素”から生み出されていますが、加齢とともに減少してしまいます。この酵素が減ってしまうと、病気になったり老化を早めてしまいます。この酵素が多ければ元気に若々しくいられるというわけです。この酵素を体内に残しておくには、食物などに含まれている「食物酵素」を積極的に摂取するなど、外部から積極的に酵素を補給していかなくてはいけないということです。酵素ドリンクやサプリメントなど、気軽に補給できるようになったのも近年になってからなのです。